2018年11月02日

台湾 そのA 鳥取県フェアと裕毛屋さん

裕毛屋さんの社長さんは、長く日本に
居たことがあり、日本語は、ベラベラ。

裕毛屋さんのお店には、沢山の日本の商品が
並んでいますが、

一番驚いたのは、毎朝、朝礼のとき、
スタッフ全員が、般若心経を3回も
唱えるのです。私達も、ふりがな付きの
般若心経のプリントを渡され、合唱!
なんと、素晴らしい  〜  (*^ω^*)

店内の様子ですが、まるで、日本のスーパー
かと、間違えそうになります。


E0A6714B-0A40-4A9B-9714-44090F7A712E.jpeg

3A1EECBF-6EC6-40AB-AD50-A475E468D4A0.jpeg

この店内で、朝9時から夕方6時まで、
試食、販売をしました。

お弁当は、これ!!  日本の弁当 !?

D79D6399-FE3C-45B4-A7B0-5F747BA6B5CF.jpeg


店内に並ぶのは、こういうお弁当だけでなく、
お寿司や天ぷらだってあるんです (^∇^)


68904D97-0F01-462D-A391-EE6D8004E2F5.jpeg  


EE833095-E83B-4013-A080-BA2B18672D8A.jpeg


C4855830-597A-4AE3-88AD-83D60222ECA1.jpeg

味も美味しいし、置いてあるものも、
日本の商品が、そのまま置いてあります。
まるで、日本にいるかのようです。

ただ、果物は、珍しい物がい〜っぱい!

その紹介は、また。後日  (*´∀`*)


posted by プレマスペース at 23:58| ♪湯梨浜店ニュース

台湾 その@ 台中市の街並み

鳥取県フェアを行なっている、裕毛屋さんの周りの様子です。


EA427BBC-6D11-4F1F-86E0-6899AFD54E00.jpeg



14235306-2C9E-4042-9D48-1478462F5E60.jpeg



37656938-9166-4047-ACAD-10FA631FA3B2.jpeg


81DF8836-5C34-4148-9435-50C1CCF291A4.jpeg

車も多く、高いビルも多いです。


posted by プレマスペース at 18:54| ♪湯梨浜店ニュース

台湾で、鳥取県フェアに参加しています!

昨日から、台湾で行われる「鳥取県フェア」に
参加する為、台中市の裕毛屋さんに
来ています♪


E8BD29AF-3CE0-4504-BEA7-620F2C614901.jpeg


これは、鳥取県が台中市と「友好交流協定」を
締結するのを記念して、鳥取県フェアが
行われているのです。

平井鳥取県知事もいらっしゃって、
傘踊りを披露されました  (o^^o)/


AD99E7A1-284E-4063-BA51-11BA32A3C734.jpeg

お見事 (((o(*゚▽゚*)o)))♡


ぱにーにブースも作って頂き、


113F7F6B-606F-4E2B-844C-07F08E2970EC.jpeg


「天女の梨クーヘン」や「種実のちから」や
玄米粉の「ショートブレッド」「梨ティ」
「ミルプルみっくす ミルクとまぜて」など、
持って行きましたが、梨クーヘン等、
あっという間に、完売しました!

わ〜〜っと来て、

わ〜〜っと、試食して、

ほとんど、無くなり、
残ったのは、試食のみ あせあせ(飛び散る汗)

びっくりの一日でした (>人<;)

明日は、また、別のお店に行きます。

明日も、がんばりま〜す ٩(^‿^)۶

<<関連記事>>








posted by プレマスペース at 16:01| ♪湯梨浜店ニュース

ぱにーに誕生秘話 その@

私は、長崎県生まれ。管理栄養士を目指し
福岡の大学に行った後、病院栄養士として
勤務。37歳の時、東京から主人の実家、
鳥取に引っ越して来ました。

その後、旧船岡町役場に臨職として3年勤務
しました。その時、船岡作業所に関わり、
パン教室に通う事になります。

しかし、町村合併を機に退職。

その時、パン教室の先生が、
「辞めるパン屋さんに、『機械を一式あげる』
という張り紙がしてあったよ。」と教えて
くれました。

パンの機械をもらって、障がいのある方達と
パンを焼こうかな…と思いました。

同時に、大きな老人施設から、管理栄養士が
いないので、来てほしいと誘われていました。

悩んだ私は、天職と思っていた栄養士を
続ける事に決め、パンの機械を下さると言う
方に、お断りの電話をしたのです。

が、しかし、何という事でしょう!

パンをくださる方の電話番号も、
老人施設の電話番号も、
名前を登録していなかった私がかけた電話、

「私には、無理だと思いますので、せっかく
ですが、お断りします。」

そう伝えたのは、老人施設だったのです!

で、結局、パンの機械を頂いて、3ヶ月後
「ぱにーに」は、誕生するのです!

つづく…



posted by プレマスペース at 00:58| ぱにーにについて